2017年8月7日月曜日

外為法

先日、IB証券から現金を日本の銀行に送金したら、すぐに銀行経由で日銀から「支払い又は支払いの受領の関する報告書」を出せとのこと。3000万円以上の送金でこの問い合わせが来ます。何年か前に日本に送金した時も同様の問い合わせが来ました。その時はどう書いたか忘れてしまいましたが、今回は一番適切と思える国際収支項目番号を書いて返送しました。

追記:今回と前回の送金先は2回とも新生銀行でした。その間に1回、某信託銀行に3000万円以上送金した時は、なんの連絡も来ませんでした。なぜだったのでしょうか?

2017年7月30日日曜日

外国株式のPF

米国株(米国市場で取引されているという意味)は、日本株の数倍のシェアですが、今はほとんどETFです。昔は、個別銘柄にも結構投資したのですが、今はもうその気力がありません。

唯一の個別銘柄であるSQ(BRKは除く)は広瀬さんのパクリです。EWMもそうですが。かなり極端なポートフォリオなので、資産やサラリーが少ない方は、真似をしないほうがいいです。



2017年7月23日日曜日

日本株式のPF

20年以上前、投資を始めた頃はあれほど馬鹿にしていた投資信託が、いつの間にか半分を超えてしまいました。馬齢を重ねると丸くなるものです。

1年ぐらい前まで日本株式のウエイトは5%ぐらいだったのですが、今は14%まで増えました。


2017年6月17日土曜日

初めて投資信託を買う

日本市場は欧米のそれに比べて、市場が非効率的なのか、あるいはファンドマネージャーの腕がいいのか、アクティブ型の投資信託のパフォーマンスはいいというエビデンスがあります。

私は時間はあるのですが、最近、アニマル・スピリットがなくなってしまいました。それで、日本株式の投資信託を初めて購入しました。信託報酬は、欧米の投資信託に比べてかなり高いのですが、パフォーマンスがよければいいです。

買った投資信託は「ひふみプラス」とSBIの「中小型成長株ファンド-ネクストジャパン」です。

投資を初めて20年あまり。特に米国ではインデックス投資がほぼ最適解であることを知っていますが、さらにリターンを上げたければ、個別銘柄やアクティブ型の投資信託に投資をするよりも、カバード・コールをなどのオプション取引をすべきという考えは今も変わっていませんし、それを実践しています。

2017年5月21日日曜日

新しい事に挑戦する

5月19日満期の240 SPY callはexpireしました。明日、新たなコールを売り建てます。今月も、取引をするのは、1回だけになります。

敬愛する広瀬隆雄さんが、Marker Hackの中で「人は自分の経験の範囲内で出来ることしか想像力が働きません。だから資産形成の話になると、大部分の人は「節約」とかの、安易で矮小化された努力目標で満足してしまいます」、「アイデアが浮かばないから切り詰めるくらいのことしか出来ないわけで、これは「頭を働かせていない」証拠です」と書いています。

個人投資家のブログを読んでいると、節約の話が実に多い。節約しても、資産形成にはほとんど結びつかないし、何のための資産形成か、わからなくなっています。

そのために広瀬さんは「自分がやったことのない新しい事に挑戦する」ことの重要性を述べています。全く同感です。これは、起業する場合だけにとどまらず、本業でも、資産運用でも当てはまるでしょう。資産運用について言えば、十年一日のごとく株式投資をするのではなく、例えば、オプション取引について勉強することが大事だと思います。

2017年4月30日日曜日

CCWに始まり、CCWに終わる

私が最初にオプション取引をしたのは、CCW(カバード・コール)です。CCWは非常に保守的な取引で暇なので、少しオプション取引を知ると、もっとアグレッシブなポジションを取りたくなります。私もいろいろなオプション取引を試しましたが、結局、サラリーマンには、毎日相場を見る必要がないCCWが一番いいと思うに至りました。

CCWの利益率自体はそれほど高くありませんが、IB証券では相当高いレバレッジが取れるので、保有現金に対する利益率は上がります。税制上も、株式売買の部分については20%の分離課税で済むので、オプション取引の税率が(総合課税で)50−55%になる方にはCCWがお勧めです。それを考慮すると、売り建てるコールは、5%OTMではなく、2%OTMの方がいいかもしれません。

海外移住ができる方はいいですが、私は国内にしがらみがあまりに多すぎるので、当分(死ぬまで?)日本に止まると思います。50代後半になり、配当だけで、今と同等の生活水準は維持できるので、あまりガツガツしないようにしたいです。

2017年3月4日土曜日

IB証券でCSP(現金確保プット売り)再開

現金(円)を海外送金する場合、新生銀行がオススメです。SMBC信託銀行は円では海外送金はできません。2回目の海外送金は簡単でした。原資も聞かれませんでした。思っていたほど、海外送金は厳しくなかったです。2回目以降は、3000万円相当額以下なら電話でもできます。また、月1回までなら無料です。

当たり前ですが、IB証券から新生銀行への送金も問題なくできました。着金手数料はありません。月1回までは無料で送金できます。限度額はありません(デジタル・セキュリティ・カードの場合)。

というわけで、先月からCSP(現金確保プット売り)を再開しました。SPY 223 put optionです。あとは、exerciseされるか、expireするまで、暇です。

なお、米ドルを持つと、今後の円高ドル安が心配という方もいるかと思いますが、IB証券では円のままで保有しても、米国市場でオプションや株式(ETF)は米ドルで決済できます。円高ドル安が、借りているドルの金利以上に進むと考えている方は、ドル転しないで取引をすればいいでしょう(そのぶんの金利はかかります)。

2017年2月21日火曜日

貸株には要注意!

貸株の税制については、ishi pponさんのこの記事を目にするまでは、認識していませんでした。貸株での配当金相当額は雑収入になり、総合課税になります。従って、大雑把に言って、税率が20%以上のサラリーマンは、貸株をすると、税制上不利になります

マネックス証券には税制についての記載は一応ありますが、楽天証券には記載がすぐわかる場所には書かれていません(虫眼鏡で見るとありますが)。

2017年2月14日火曜日

パンローリング社の投資戦略フェア

3月11日パンローリング社が行う投資戦略フェアがあるそうですが、東証や大阪取引所を傘下に持つ日本取引所が、オプション投資家の裾野拡大をはかるべくオプションシミュレーター等を用いてレクチャーする予定で、その際の動機づけ等を目的として、オプション取引に関心のある方に「株式より有利な科学的トレード法」を配布するとのことです。

興味のある方は、パンローリング社の投資戦略フェアの日本取引所のブースへどうぞ(私は講師ではありません)。

2017年2月1日水曜日

やっと送金できました

7、8年前は、送金こんなに大変ではなかったのですが、やっとできました。新生銀行からです。次から次へと書類を書かされて、原資や送金目的を細かく聞かれて、1時間かかりました。言葉遣いは丁寧でしたが、なんか悪いことをするような感覚に陥りました(と言っても、結構楽しみましたが)。

今回送金する金額は、昨年閉鎖したIBLLC(米国IB証券)の資金より少なかったので、原資の説明はわかりやすかったのですが、そうでない場合は、事前に原資を説明できるように準備されることをお勧めします。

これから行う投資手法まで書類に記載しないといけないので、「主にオプションを売ってプレミアムを稼ぐ戦術」のような項目に丸をつけました。

来週ぐらいから、米国でオプション取引を再開します。

2017年1月30日月曜日

海外送金が難しくなっている

IB証券(IBLLC)に再び口座を開設したので、今日、新生銀行に行って、IB証券(IBLLC)に送金しようとしたら、「当行の口座に入っている現金の原資を証明するものがないと送金できません」と言われて、送金できませんでした。

5、6年前は、問題なく送金できました。後日、日銀に「支払又は支払の受領に関する報告書」を出したような記憶はありますが、形式的なものと認識していました。

明日、証券会社のステートメントを持って、もう一度、新生銀行に行きます。どうなることか。

2017年1月22日日曜日

米国証券会社でオプション取引を再開します!

昨年、突然死リスクに備えて、一旦、米国証券会社でのオプション取引から撤退して、日経225オプション取引を開始しました。しかし、私の能力の無さに加えて、システムの問題(呼値の荒さ、流動性、スプレッド・オーダーが必ずしも機能しない)と取引時間の関係で、利益を得るのは難しいと判断して、米国オプション取引に戻ることにしました。
米国オプション取引は、私の場合、総合課税なので税率は50%以上になりますが、CSP&CCWやアイアン・コンドルで、比較的簡単に利益を得ることができます。万が一の時、米国証券会社から日本の銀行へ一発送金できる(限度額なし)ことは、以前確認しましたが、もう一度確認します。

2016年12月31日土曜日

「ひらまつ」に思う

ひらまつについては、いろいろな批判があるのは承知しています。田中康夫氏もかつて平松氏のことを「restaurateurであって、cuisinierでない」と言って批判していました。私自身も純粋に投資の観点から見たら、ひらまつを「買い」とは言い切れません。しかし、優待目的で考えると、ひらまつは「買い」かもしれません。私は、今まで優待目的で株式を買う個人投資家を馬鹿にしていましたが、最近は、それもありかなと思っています。

私は、ひらまつを100株ほどを持っています。時価でたったの67,200円です。100株でも株主になると、限られた商品ですがワインを20%割引で購入できるので、もう十分すぎるほど元はとりました。さらに、株主は、ひらまつが経営するホテルに10%引きで泊まれます(500株以上の株主は20%引き)が、もともとかなり高いので、株主以外は行かないのではないかと心配です。最近のひらまつは、ホテルなどへの投資が積極的すぎる印象があります。2015年年9月から2016年12月までの間に、いきなり4つです。もう少し様子を見ながらの展開の方が良かったと思います。


年末に、株式会社ひらまつが今年7月に開業した「ザ・ひらまつ ホテルズ アンド リゾーツ 賢島」に視察に行きました。もちろん、自腹です。宿泊代と食事代で一泊25万円ぐらいします。部屋の中に風呂があります。これには賛否両論がありますが、斬新でいいとしても、その後できた熱海や仙石原のひらまつと同じデザインです。高価なホテルなので、同じデザインは興ざめで、ひらまつのリピーターを減らすと思います(全ての部屋が同じというわけではありません)


スタッフの対応は非常に良かったです。しかし、ディナーで、サービスの方が「今からこれを料理します」と言って、生きた伊勢海老やサザエ、アワビを見せてくれたのですが、料理を持ってきた時に「このアワビは一晩燻製にしました」と言われた時は、目が点になりました。私は、サービスの女性を困らせることはしたくなかったので、何も言いませんでしたが・・・。


このような残念な点はありましたが、料理自体は極めて美味しかったです。ただ、ワインの選択肢があまりなかったのは残念です。



前日に「志摩観光ホテル ベイ・スイート」に泊まりましたが、部屋は120平米で、ひらまつの3倍ぐらいの広さです。ホテル内のレストランの「ラ・メール」での食事も美味しく、コスパ的にはこちらの方が上でした。



2016年12月24日土曜日

今年のオプション取引の総括

今年から日本でのオプション取引をはじめて、9月末時点で年率37%の利益と自慢しましたが、その後のトランプ相場で、現時点では-7%で、今年の収益はマイナスになることがほぼ確定です。

言い訳というか、反省点として、インタラクティブ・ブローカーズ証券(日本)のシステム、あるいは流動性の問題です。

インタラクティブ・ブローカーズ証券では、国内の証券会社としては唯一スプレッド・オーダーができるのですが、これがうまく機能しません。

例えば、17500/17750 bull put spreadを3円で利益確定のスプレッド・オーダーを100枚出している場合を見ましょう。

17500 putの買値が5円、売値が6円とします。それぞれ100枚以上の注文が出されています。17750 putは買値7円、売値8円で、これもそれぞれ100枚以上の枚数が注文に出されています。

この場合、17500 putを5円で売りに出せば、すぐに約定します。次に、17750 putを8円で買い注文を出せば、すぐに約定します。これで17500/17750 bull put spreadは3円で利益確定できます。

しかし、この場合でも(インタラクティブ・ブローカーズ証券で)17500/17750 bull put spreadを3円でスプレッド・オーダーを出しても、なかなか約定しません。

さらに深刻なのは、ロスカット・オーダーです。米国での経験により、ロスカット・オーダーを出しておけば、相場の急変時も心配ないと思っていました。しかし、今回のトランプ相場では、インタラクティブ・ブローカーズ証券のシステムの問題か流動性の問題かわかりませんが、ロスカット・オーダーが全く機能しませんでした。

結論ですが、日本の場合、利益確定もロスカットも、その基準に達したら、(インタラクティブ・ブローカーズ証券の)スプレッド・オーダーではなく、自分でそれぞれのポジションを解消したほうがいいです。

2016年12月17日土曜日

今年もあと2週間!

年末なので、ポジション調整をしています。今まで常に米国株式に90%以上の資産を投入していましたが、私の当たらない相場観では、来年初めには米国株式と為替の調整が予想されるので、この20年間で初めて、米国株式の売却を進め、米ドルを円に替えています。もちろん、全部ではありませんが。

来年はどんな年になるのでしょうか?