2018年1月20日土曜日

Portfolio as of Jan. 19, 2018

投資用資産の半分はオプション取引で、残り半分は長期投資です。長期投資を志向していても、入れ替えが多かったのですが、最近、ようやく落ち着きました。


2018年1月19日金曜日

エクスポージャー・フィーと利子


インタラクティブ・ブローカーズ証券では、過度の最大損失リスクが想定される一部の口座に対して日次のエクスポージャー・フィーを設けています。市場で設定される証拠金必要額を満たしていても、急激な市場動向によって想定外の損失を被る可能性があるので、プットオプションの売りポジション等、ハイリスクなポジションを保有されている口座に対してエクスポージャーフィーが徴収されます。

2016年までは、なるべくエクスポージャー・フィーがかかるのを避けるようにポジションを調整していましたが、だんだん感覚が麻痺してしまい、昨年はエクスポージャー・フィーがかかっても気にしなくなっていました。

確定申告の準備のため、2017年の取引を見て気がついたのですが、エクスポージャー・フィーと利子で、相当な金額になっていました。昨年は、たまたまレバレッジがいい方向に効きましたが、今後どうなるかわからないので、なるべくエクスポージャー・フィーや利子がかからないような取引にしたいと思っています。

2018年1月2日火曜日

お正月の読書

数年前まで、よく投資関係の本を読んでいました。昔「夏休みの読書」と題するブログも書きましたが、最近は、投資関係の本はほとんど読んでいません。名著は読み尽くしたのかもしれません。

最近読んだ本では、すでに述べたように、タレブの「反脆弱性」は酷かった。また、山崎元氏が解説を書いているので注目された「マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉 富の追求、ビジネス、処世について」も中身は期待はずれ。解説は良かったですが。

投資の本より、投資周辺の本の方が面白い。最近読んだ本では、下記がおすすめ。1と2は、現在の日本の問題点を的確に指摘しています。3は、医師には既知の内容ですが、これから医師になろうとしている人や、製薬会社など医師の周辺で働く人には有益でしょう。4と5は、当事者は大変だったと思いますが、面白いドラマです。

  1. 知の鎖国
  2. 規制の虜
  3. 医者は現場でどう考えるか
  4. 東芝の悲劇
  5. 神になりたかった男

2017年12月20日水曜日

証券会社のアプリ削除の勧め

私が株式投資を始めたのは約20年前ですが、当時は、バフェット氏、マルキール氏、シーゲル氏の影響を強く受けていて、長期投資こそが唯一の正解と思っていました。それは今でも間違っていないでしょう。

しかし、証券会社の提供するアプリは便利すぎて、つい無駄な売買をしてしまう人も多いと思います。それで、アプリを削除削除することをお勧めします。

短期売買もまた面白いのですが、それをするなら、株式投資ではなく、オプション取引がいいでしょう。

2017年12月10日日曜日

投資もいろいろ

今の会社(金融機関)に勤めて20年。最初の5、6年は、内外の論文や本をむさぶるように読んだ。

投資の方法に正解はない。各自の年齢や収入、資産、住宅ローンの有無、配偶者の収入などで無数の最適解がある。また、それらと関連するかもしれないが、性格的に、10%の(潜在)損失で、アタフタする人もいれば、30%下がっても平気な人もいる。

「思考の整理学」などで有名な外山滋比古氏が投資について書いていた。彼がこんなに株式投資に造詣が深いとは、初めて知りました。

また、老後について「年金を補うというだけでなく、年をとってやることがない生活に株での一喜一憂は大変良いレジャーだ。株は危ないから投資信託という人もいるが、運用会社の社員に月給を払った上でもうけを得るというのは相当難しい。年をとってからの株の一喜一憂は良いことだと思う」とも述べています。

私は、現在は、インデックスを原資産としたオプション取引をメインにしていますが、時々、個別銘柄にも投資をしていて、外山滋比古氏に100%同感です。

2017年9月11日月曜日

海外送金(楽天銀行の場合)

海外送金する際、新生銀行やSMBC信託銀行は、初回こそいろいろ質問されましたが、2回目以降は、極めて簡単に海外送金できます(3000万円以下はネットで、それ以上は窓口で)。

しかし、楽天銀行は、2回目も初回と全く同じことを聞いてきます。「以下の海外送金取引について、中継銀行より送金内容確認依頼を受領しており、送金が保留となっております」とのこと。しかも、FAXか郵便で、それに関する書類を送れとのことです。1ヶ月前に送ったばかりなのにです。我が家にはFAXはないし、勤務先のFAXは登録先しか送信できないし、コンビニはセキュリティ上懸念があるので、とても大変です。

2017年9月3日日曜日

反脆い

「まぐれ」や「ブラック・スワン」が面白かったので、本書を購入。「反脆い」という概念の提唱は面白い。この概念は、オプション取引にとどまらず、それ以外の様々な分野でも通用すると説明しています。

毎回、彼の博識ぶりには驚かされます。しかし、博識と正しい理解は別のこと。今回は、医学(医療)の分野についての言及が多いですが、これは勇み足になっています。彼は、自分に都合のいいエビデンスを一方的に引用して、現在のほとんどの医療は「医原病」を作り出しているだけと批判しています。少なくてもこの部分については、巷に溢れている医療否定本と同レベルです。

例えば、第6部の第21章「医学、凸性、不透明性」で、彼はスタチン(コレステロールを下げる薬)を批判していますが、生命予後の改善については「反脆い」エビデンスがあリます。もちろん、彼はそれは知っているのですが、薬を飲み続ければ、後日、重大な副作用が起きるかもしれないと主張しています。

確かに、スタチンの効果は、一般の人が思っているほどは高くないです。ざっくり言うと、脂質異常症の人が薬を飲まなかったら、100人中3人が心筋梗塞などで死亡するのが、薬を飲めば2人の死亡ですむ。つまり、死亡率を33%減らしたことになりますが、一人の死亡を減らすのに、100人も薬を飲まなければいけない。99人の服用は無駄になったことになります。しかし、誰がその99人に入るかは事前にはわかりません。どの株があがるか事前にはわからないので、全部買う(インデックスを買う)のが最適解というのに似ていますです。

医療経済学的に、このような予防的な薬は保険適応ではなく、全額自己負担にしようという話なら、傾聴に値しますが、タレブはそのような観点で話をしているのではありません。



2017年8月7日月曜日

外為法

先日、IB証券から現金を日本の銀行に送金したら、着金後すぐに銀行経由で日銀から「支払い又は支払いの受領の関する報告書」を出せとのこと。3000万円以上の送金でこの問い合わせが来ます。何年か前に日本に送金した時も同様の問い合わせが来ました。その時はどう書いたか忘れてしまいましたが、今回は一番適切と思える国際収支項目番号を書いて返送しました。

追記:今回と前回の送金先は2回とも新生銀行でした。その間に1回、某信託銀行に3000万円以上送金した時は、なんの連絡も来ませんでした。なぜだったのでしょうか?

2017年5月21日日曜日

新しい事に挑戦する

5月19日満期の240 SPY callはexpireしました。明日、新たなコールを売り建てます。今月も、取引をするのは、1回だけになります。

敬愛する広瀬隆雄さんが、Marker Hackの中で「人は自分の経験の範囲内で出来ることしか想像力が働きません。だから資産形成の話になると、大部分の人は「節約」とかの、安易で矮小化された努力目標で満足してしまいます」、「アイデアが浮かばないから切り詰めるくらいのことしか出来ないわけで、これは「頭を働かせていない」証拠です」と書いています。

個人投資家のブログを読んでいると、節約の話が実に多い。節約しても、資産形成にはほとんど結びつかないし、何のための資産形成か、わからなくなっています。

そのために広瀬さんは「自分がやったことのない新しい事に挑戦する」ことの重要性を述べています。全く同感です。これは、起業する場合だけにとどまらず、本業でも、資産運用でも当てはまるでしょう。資産運用について言えば、十年一日のごとく株式投資をするのではなく、例えば、オプション取引について勉強することが大事だと思います。

2017年4月30日日曜日

CCWに始まり、CCWに終わる

私が最初にオプション取引をしたのは、CCW(カバード・コール)です。CCWは非常に保守的な取引で暇なので、少しオプション取引を知ると、もっとアグレッシブなポジションを取りたくなります。私もいろいろなオプション取引を試しましたが、結局、サラリーマンには、毎日相場を見る必要がないCCWが一番いいと思うに至りました。

CCWの利益率自体はそれほど高くありませんが、IB証券では相当高いレバレッジが取れるので、保有現金に対する利益率は上がります。税制上も、株式売買の部分については20%の分離課税で済むので、オプション取引の税率が(総合課税で)50−55%になる方にはCCWがお勧めです。それを考慮すると、売り建てるコールは、5%OTMではなく、2%OTMの方がいいかもしれません。

海外移住ができる方はいいですが、私は国内にしがらみがあまりに多すぎるので、当分(死ぬまで?)日本に止まると思います。50代後半になり、配当だけで、今と同等の生活水準は維持できるので、あまりガツガツしないようにしたいです。

2017年3月4日土曜日

IB証券でCSP(現金確保プット売り)再開

現金(円)を海外送金する場合、新生銀行がオススメです。SMBC信託銀行は円では海外送金はできません。2回目の海外送金は簡単でした。原資も聞かれませんでした。思っていたほど、海外送金は厳しくなかったです。2回目以降は、3000万円相当額以下なら電話でもできます。また、月1回までなら無料です。

IB証券から新生銀行への送金(3000万円を超える)も一発でできることを確認しました。着金手数料はありません。限度額はありません(デジタル・セキュリティ・カードの場合)。月1回までは無料で送金できます。

というわけで、先月からCSP(現金確保プット売り)を再開しました。SPY 223 put optionです。あとは、exerciseされるか、expireするまで、暇です。

なお、米ドルを持つと、今後の円高ドル安が心配という方もいるかと思いますが、IB証券では円のままで保有しても、米国市場でオプションや株式(ETF)は米ドルで決済できます。円高ドル安が、借りているドルの金利以上に進むと考えている方は、ドル転しないで取引をすればいいでしょう(そのぶんの金利はかかります)。

2017年2月21日火曜日

貸株には要注意!

貸株の税制については、ishi pponさんのこの記事を目にするまでは、認識していませんでした。貸株での配当金相当額は雑収入になり、総合課税になります。従って、大雑把に言って、税率が20%以上のサラリーマンは、貸株をすると、税制上不利になります

マネックス証券には税制についての記載は一応ありますが、楽天証券には記載がすぐわかる場所には書かれていません(虫眼鏡で見るとありますが)。

2017年2月14日火曜日

パンローリング社の投資戦略フェア

3月11日パンローリング社が行う投資戦略フェアがあるそうですが、東証や大阪取引所を傘下に持つ日本取引所が、オプション投資家の裾野拡大をはかるべくオプションシミュレーター等を用いてレクチャーする予定で、その際の動機づけ等を目的として、オプション取引に関心のある方に「株式より有利な科学的トレード法」を配布するとのことです。

興味のある方は、パンローリング社の投資戦略フェアの日本取引所のブースへどうぞ(私は講師ではありません)。

2017年2月1日水曜日

やっと送金できました

7、8年前は、送金こんなに大変ではなかったのですが、やっとできました。新生銀行からです。次から次へと書類を書かされて、原資や送金目的を細かく聞かれて、1時間かかりました。言葉遣いは丁寧でしたが、なんか悪いことをするような感覚に陥りました(と言っても、結構楽しみましたが)。

今回送金する金額は、昨年閉鎖したIBLLC(米国IB証券)の資金より少なかったので、原資の説明はわかりやすかったのですが、そうでない場合は、事前に原資を説明できるように準備されることをお勧めします。

これから行う投資手法まで書類に記載しないといけないので、「主にオプションを売ってプレミアムを稼ぐ戦術」のような項目に丸をつけました。

来週ぐらいから、米国でオプション取引を再開します。

2017年1月30日月曜日

海外送金が難しくなっている

IB証券(IBLLC)に再び口座を開設したので、今日、新生銀行に行って、IB証券(IBLLC)に送金しようとしたら、「当行の口座に入っている現金の原資を証明するものがないと送金できません」と言われて、送金できませんでした。

5、6年前は、問題なく送金できました。後日、日銀に「支払又は支払の受領に関する報告書」を出したような記憶はありますが、形式的なものと認識していました。

明日、証券会社のステートメントを持って、もう一度、新生銀行に行きます。どうなることか。