2018年4月28日土曜日

「プライベートバンカー 驚異の資産運用砲」

杉山智一氏の「プライベートバンカー 驚異の資産運用砲」を読みました。簡単にまとめると、オフショアに法人を設立し、海外の生命保険に加入する。プライベートバンクから融資を受け、レバレッジを効かせて、その保険料を払う。海外のファンドをレバレッジを掛けて運用し、融資の支払利息を運用利息で支払うことで、相殺する。巨額の死亡保険金または解約支払金を受け取る。あるいは、生命保険に加入しない場合は、レバレッジを掛けてハイイルード債あるいはDCD(仕組預金)運用を行うというものです。

金融資産が10億円以上あって、かつ本業が忙しい人は、プライベートバンカーに任せるというのもいいですが、暇な人は自分でやればいいし、10億円もない人はそこまでする必要はないかもしれません。

そのような方に私が勧めるのは、単に、海外の証券会社(IB証券など)で高いレバレッジを掛けてCSP & CCWなどの安全なオプション取引をする方法です。

ただし、個人の場合、総合課税なので、すぐに最高税率の55%になってしまいます。儲かった年の55%の税率はあまりに高い。一方、損した年は、損失を翌年に繰り越せません。これは、個人投資家にとってあまりに不利な税制です。

そこで(日本の)法人は作った方がいいです。法人を作れば、儲かった年でも実効税率は約30%です。また、単年で損失しても、9年間損失を繰り越せます。儲かっても損しても、個人に比べると遥かに有利な税制です。少しでも納税額を減らしたい方は、オフショア法人を作ってもいいでしょうが、30%の税率なら私は喜んで納税します。

2018年4月10日火曜日

アイアン・コンドルのルール

CSP&CCWだけでは暇だという方もいるでしょう。そのような方はアイアン・コンドルをしてもいいでしょうが、忙しい方が無理してやることはありません。

アイアン・コンドルの成功の鍵は、ロスカットにあると言っても過言ではありません。しかし、米国市場が開いている間中、相場を見ることもできないので、下記の方法が現実的かと思います。私もロスカットについては苦い経験を持っているので、しばらくこの方法でやって、気がついたことがあればまた報告します。
  1. 満期日まで55ー60日のSPXを対象にする。
  2. デルタの絶対値が7ー10のオプションをショートする。それより権利行使価格が10だけOTMのオプションをロングする。
  3. その日の分足を見る。トレンドが上向きなら、プット・スプレッドから作る。約定したら、コール・スプレッドを作る。
  4. ロスカットの注文を出す。SPXが、スプレッドを組んだ時の値とスプレッドのショート・オプションの権利行使価格の中間値に達したら、3分の1のスプレッドを解消する(#1ロスカット)。SPXが、スプレッドを組んだ時の値とスプレッドのショート・オプションの権利行使価格の4分の3に達したら、残りのスプレッドを解消する(#2ロスカット)。
  5. 利益確定はしない。
  6. 満期日の1週間前に、SPXの標準偏差(SD)(VIXで代用)を調べる。ショート・アームが2SD未満の場合は、ポジションを解消する。2SD以上の場合は、満期日まで放置する。例えば、VIXが18.68の時は、256/5の平方根は7.155なので、ショート・アームのSPXが5.22(=2×18.68/7.155)%未満の位置にあればポジションを解消し、5.22%以上なら放置する。