2018年4月28日土曜日

「プライベートバンカー 驚異の資産運用砲」

杉山智一氏の「プライベートバンカー 驚異の資産運用砲」を読みました。簡単にまとめると、オフショアに法人を設立し、海外の生命保険に加入する。プライベートバンクから融資を受け、レバレッジを効かせて、その保険料を払う。海外のファンドをレバレッジを掛けて運用し、融資の支払利息を運用利息で支払うことで、相殺する。巨額の死亡保険金または解約支払金を受け取る。あるいは、生命保険に加入しない場合は、レバレッジを掛けてハイイルード債あるいはDCD(仕組預金)運用を行うというものです。

金融資産が10億円以上あって、かつ本業が忙しい人は、プライベートバンカーに任せるというのもいいですが、暇な人は自分でやればいいし、10億円もない人はそこまでする必要はないかもしれません。

そのような方に私が勧めるのは、単に、海外の証券会社(IB証券など)で高いレバレッジを掛けてCSP & CCWなどの安全なオプション取引をする方法です。

ただし、個人の場合、総合課税なので、すぐに最高税率の55%になってしまいます。儲かった年の55%の税率はあまりに高い。一方、損した年は、損失を翌年に繰り越せません。これは、個人投資家にとってあまりに不利な税制です。

そこで(日本の)法人は作った方がいいです。法人を作れば、儲かった年でも実効税率は約30%です。また、単年で損失しても、9年間損失を繰り越せます。儲かっても損しても、個人に比べると遥かに有利な税制です。少しでも納税額を減らしたい方は、オフショア法人を作ってもいいでしょうが、30%の税率なら私は喜んで納税します。

2018年4月10日火曜日

アイアン・コンドルのルール

CSP&CCWだけでは暇だという方もいるでしょう。そのような方はアイアン・コンドルをしてもいいでしょうが、忙しい方が無理してやることはありません。

アイアン・コンドルの成功の鍵は、ロスカットにあると言っても過言ではありません。しかし、米国市場が開いている間中、相場を見ることもできないので、下記の方法が現実的かと思います。私もロスカットについては苦い経験を持っているので、しばらくこの方法でやって、気がついたことがあればまた報告します。
  1. 満期日まで55ー60日のSPXを対象にする。
  2. デルタの絶対値が7ー10のオプションをショートする。それより権利行使価格が10だけOTMのオプションをロングする。
  3. その日の分足を見る。トレンドが上向きなら、プット・スプレッドから作る。約定したら、コール・スプレッドを作る。
  4. ロスカットの注文を出す。SPXが、スプレッドを組んだ時の値とスプレッドのショート・オプションの権利行使価格の中間値に達したら、3分の1のスプレッドを解消する(#1ロスカット)。SPXが、スプレッドを組んだ時の値とスプレッドのショート・オプションの権利行使価格の4分の3に達したら、残りのスプレッドを解消する(#2ロスカット)。
  5. 利益確定はしない。
  6. 満期日の1週間前に、SPXの標準偏差(SD)(VIXで代用)を調べる。ショート・アームが2SD未満の場合は、ポジションを解消する。2SD以上の場合は、満期日まで放置する。例えば、VIXが18.68の時は、256/5の平方根は7.155なので、ショート・アームのSPXが5.22(=2×18.68/7.155)%未満の位置にあればポジションを解消し、5.22%以上なら放置する。

2018年3月24日土曜日

大荒れの相場

図らずも Snap Mid注文が役に立つことが実証されました。




3月16日
  • 244 Mar 16 '18 SPY Put - expired 
  • 250 Mar 16 '18 SPY Put - expired 

3月19日 (SPX is around 2740)
  • Sold Apr 20 '18 255 SPY Put @ 1.00 
  • Sold Dec 21 '18 215 SPY Put @ 3.69 
  • Sold Apr 20 '18 2890/2900 SPX Bear Call Spread @ 0.98 
  • Sold Apr 20 '18 2450/2460 SPX Bull Put Spread @ 0.6 

3月23日 (SPX was 2588 at closing price)
  • Bought Apr 20 '18 2450/2460 SPX Bull Put Spread @ 1.9 (#1ロスカット)

2018年3月21日水曜日

SNAP MID注文の出し方

SNAP MID注文の出し方を説明します。なお、SNAP MID注文では必ず約定するわけではないことには注意が必要です。

例として、2890/2900 bear call spreadに対してのロスカット注文を、SNAP MID注文で出してみましょう。そのためには、2890/2900 bull call spreadを注文します。

下はTWSの3月20日の終値での画面です。画面では下の方で、右クリックします。


出て来た「ストラテジー」のタブをクリックします。下の画面になるので、上の方にある「権利行使価格」をクリックして、組むスプレッドの権利行使価格を選びます。ここでは、2450、2460、2890、2900を選びました。


2800 callの売気配と、2810 callの買気配をクリックすると、2890/2900 bull call spreadができます。


上の画面で「ウォッチリストに追加する」をクリックすると、2890/2900 bull call spreadがウォッチリスト(無題)に追加されました。


上の画面で、2890/2900 bull call spreadの上で、右クリックして「取引」→「注文チケット」をクリックします。


下の画面になるので、50枚の約3分の1に相当する16枚を記入して、注文方法をSNAP MIDにします。差引き額は、最初0.01になっていますが、0.05に変えます(0.01のままだと注文を受け付けてくれない)。


次に、「条件付き」のタブをクリックして、下の画面の真ん中にTWS上のSPXをドラッグ・アンド・ドロップします。


ドラッグ・アンド・ドロップすると、下の画面が出るので、SPXが(スプレッドを組んだ時のSPXの価格とスプレッドのショート・オプションの権利行使価格の中間値である)2800以上になった時に注文が発動するように、下の画面のように設定し、「終了」をクリックします。



下の画面になるので、「発注」をクリックして注文完了です。


2018年3月10日土曜日

ロスカットについて

Iron condorでは、ロスカットは必須です。

私は、拙書に買いたように、スプレッドの損失が当初得たクレジットの200-300%に達したら、ロスカットをするようにしてきましたが、「Time is money」を読んで、下記の二つの方法は有用と思いました。

(1)Closing Spreads
  • 株価(指数)が、スプレッドを組んだ時の株価(指数)とスプレッドのショート・オプションの権利行使価格の中間値に達したら、3分の1のスプレッドを解消する(#1ロスカット)。
  • 株価(指数)が、スプレッドを組んだ時の株価(指数)とスプレッドのショート・オプションの権利行使価格の4分の3に達したら、残りのスプレッドを解消する(#2ロスカット)。

(2)The Long Hedge
  • スプレッドのショート・オプションのデルタが18を超えたら、同じ権利行使価格で満期日が翌月のオプションを買う。
  • ショート・オプションのデルタが16以下に下がったら、hedge optionを売る。
  • ショート・オプションのデルタが30以上に上がったら、hedge optionを売り、スプレッドを解消する。

IB証券では、デルタをトリガーにしての注文はできないので、(1)の方がやりやすいと思います。この注文に際しては、株価(指数)をトリガーにして、snap-mid注文をGTCで出すのがいいでしょう。

2018年3月3日土曜日

Time is money

久し振りにオプション取引の本を買いました。パラパラとページをめくって、興味があるところを読んでいますが、今まで読んだどの本より、読みやすく、わかりやすいです。

私の本を読んでオプション取引に興味を持った方は、これを読むと良いでしょう。


2018年2月17日土曜日

海外送金

何度も書いていることですが、2月9日に楽天銀行から米国のIB証券に送金しようとしたのですが、現在まだできていません。楽天銀行に書類を出して認可されたら、次は中継銀行から(楽天銀行経由で)「さらに書類を出せ」と来ます。しかも、FAXか郵便で。我が家にはFAXはないので、いつもとても大変です。今時、FAXか郵便なんて、中継銀行は邦銀でしょうか?しかし、「英語で説明しろ」と言われているので、やはり外銀かな?

IB証券から日本へは、金額に関係なくワン・クリックで送金できるのに、この格差はなんでしょうか?

2018年2月10日土曜日

Sold MAR 16 '18 244 SPY Put

現在、SPYは260近辺ですが、 満期日が来月で権利行使価格が244であるCash Secured Put Writing(現金確保プット売り)をしました。

2018年2月8日木曜日

Sold DEC 21 '18 210 SPY Put

先週末から週明けにかけて、久し振りの調整でした。長期(が前提の)投資は、全く心配する必要はありません。私は、予想外にVSSが買えてしまい、嬉しいです。下げ止まったか、さらにもう一段の調整があるかはわかりません。

オプション取引は損失確定しました。まだVIXが高いので、ここは、ETFのLEAPS put 売りでしょうか? DEC 21 '18 210 SPY Putを売り建てました。

2018年1月20日土曜日

Portfolio as of Jan. 19, 2018

長期投資を志向していても、入れ替えが多かったのですが、最近、ようやく落ち着きました。


2018年1月19日金曜日

エクスポージャー・フィーと利子


インタラクティブ・ブローカーズ証券では、過度の最大損失リスクが想定される一部の口座に対して日次のエクスポージャー・フィーを設けています。市場で設定される証拠金必要額を満たしていても、急激な市場動向によって想定外の損失を被る可能性があるので、プットオプションの売りポジション等、ハイリスクなポジションを保有されている口座に対してエクスポージャーフィーが徴収されます。

2016年までは、なるべくエクスポージャー・フィーがかかるのを避けるようにポジションを調整していましたが、だんだん感覚が麻痺してしまい、昨年はエクスポージャー・フィーがかかっても気にしなくなっていました。

確定申告の準備のため、2017年の取引を見て気がついたのですが、エクスポージャー・フィーと利子で、相当な金額になっていました。昨年は、たまたまレバレッジがいい方向に効きましたが、今後どうなるかわからないので、なるべくエクスポージャー・フィーや利子がかからないような取引にしたいと思っています。

2018年1月2日火曜日

お正月の読書

数年前まで、よく投資関係の本を読んでいました。昔「夏休みの読書」と題するブログも書きましたが、最近は、投資関係の本はほとんど読んでいません。名著は読み尽くしたのかもしれません。

最近読んだ本では、すでに述べたように、タレブの「反脆弱性」は酷かった。また、山崎元氏が解説を書いているので注目された「マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉 富の追求、ビジネス、処世について
も中身は期待はずれ。解説は良かったですが。

投資の本より、投資周辺の本の方が面白い。最近読んだ本では、下記がおすすめ。

1と2は、現在の日本の問題点を的確に指摘しています。3は、医師には既知の内容ですが、これから医師になろうとしている人や、一般の方には有益な本でしょう。「代表性」や「アンカリング」などの言葉が出てきて、行動ファイナンスの本かと思うぐらいです。医学と投資の類似性を改めて感じました。普段からこのような訓練をしている臨床医は、投資においても有利だと思います。

4と5は、当事者は大変だったと思いますが、面白いドラマです。
  1. 知の鎖国
  2. 規制の虜
  3. 医者は現場でどう考えるか
  4. 東芝の悲劇
  5. 神になりたかった男